精密チャック装置・超高圧油圧機器のことなら理研精機にお任せください。

製品情報 products

標準チャック

SAD型コレットチャック

SAD 標準強力型チャック

SAD

・フランジを介し、どんな機械にも容易に取り付け可能。
・コレット静止型のためバー材加工に最適。
・防塵対策ずみ。
・コレットチャックは標準の静止型コレットチャック。

RO-FE ナットスピード交換型チャック

RO-FE

SAD型チャック本体にナットワンタッチ交換方式を採用し、
段替時間の短縮を可能としました。

VOC 油圧パワーチャック

VOC

油圧シリンダーを内蔵しているため、機械側へシリンダーを装着する必要がありません。
また、油圧シリンダー内蔵による強力な把握を可能としたパワーチャックです。

AOC エアーチャック

AOC

VOC型チャック本体を油圧式からエアー式に改良し、油圧ユニットを不要としました。
また、高速回転でも使用出来るように設計し、環境に優しいチャック本体となっています。

WSC ワイドチャック

WSC

1個のコレットチャックで3mm巾のワークを把握できる画期的なチャック本体です。
従来型(SAD-TYPE)コレットチャックも使用できるように設計されています。

WSS ワイドチャック(ショートタイプ)

WSS

WSC型チャック本体をワイドコレットチャック(WSC型)専用の仕様に改良しました。
チャック本体の短縮化が計れ、Z軸の短い機械での使用に有効です。

静止型コレットチャック(SAD・RO-FE・VOC・AOC・WSC共用)

img4

・丸・六角・四角、各サイズを標準在庫品としてご用意。(一部サイズは特別注文となります)

・防塵ゴムが標準装備。

・25・40・50・65用コレットチャックにはマスター方式も可能。

・六角・四角は対辺4㎜より製作致します。40用の六角は、35㎜以上は特別注文となります。

WSC型ワイドコレットチャック

img5

・WSC型ワイドチャック専用。
・3mm巾のワークをチャック可能。

PULL型コレットチャック

PULL プル型チャック

PULL

コレットチャック引型構造により、高精度で強力な把握力が得られます。
コレットチャックの在庫も豊富にそろっています。

PULL プル型チャック(Ⅰ型)

  • PULL(㈵型)-1
  • PULL(㈵型)-2

中実シリンダー用に設計された接手を装着したチャック本体です。

PULL プル型チャック(Ⅱ型)

  • PULL(㈼型)-1
  • PULL(㈼型)-2

高精度な2次加工専用として開発された引型構造のチャック本体です。
ワークの長さ決めが確実に行える固定ストッパー付接手を設けています。
小物ワークの2次加工に最適です。

PULL プル型チャック(Ⅲ型)

  • PULL(㈽型)-1
  • PULL(㈽型)-2

中空シリンダー用に設計された接手を装着したチャック本体です。

ASP 精密・静止型チャック(Ⅰ型)

  • ASP-Ⅰ
  • ASP-Ⅰb

PULL型コレットチャックを使用した高精度な静止型チャック本体です。
中空構造となっているため、バー材等の加工や引き込み把握を嫌うワークに最適です。

ASP 精密・静止型チャック(Ⅱ型)

  • ASP-Ⅱ
  • ASP-Ⅱb

高精度な2次加工専用として開発された静止型構造のチャック本体です。
ワークの長さ決めが確実に行える固定ストッパー付接手を設けています。
引き込み把握を嫌う小物ワークの2次加工に最適です。

MD 精密級手動チャック

  • MD-1
  • MD-2

コレットチャック方式の高精度な手動チャック本体として開発。
ブランジを介し、どんな機械にも容易に取り付けられます。

MD-G 精密級手動チャック(研削用)

MD-G

MDチャック本体を研削加工でも使用できるように改良したチャック本体です。
本部を分割型として、テーパーコーンの消耗対策を実現しました。

引型(PULL型)コレットチャック(PULL・ASP・MD共用)

img7

・標準A級の各サイズを在庫品としてご用意。(一部サイズは特別注文となります。)
・防塵ゴムはオプション仕様。
・標準在庫以外のサイズについても製作可能。

MC型

MC マルチチャック(外径把握)

MC(外径把握)

自動車関連部品の2次加工専用に開発。
標準仕様で着座検知、主軸内クーラントブローも可能となっています。
姉妹品のMC内径チャック本体へも一部部品を交換することによって対応可能です。

MC マルチチャック(内径把握)

MC(内径把握)

自動車関連部品の2次加工専用に開発。
標準仕様で着座検知が可能となっています。
姉妹品のMC外径チャック本体へも一部の部品を交換することによって対応可能です。

トップへ戻る