精密チャック装置・超高圧油圧機器のことなら理研精機にお任せください。

製品情報 products

端面把握チャック

端面内径把握チャック

IF-18
特徴
内径コレットによる芯出し&フェースクランプによりワークを把握。
メリット
コレット基準で芯出しを行い、さらに端面方向クランプし加工負荷に対応。
対象ワーク
リングギヤ

端面把握チャック

  • DSC_0128
  • DSC_0125
特徴
クランプ用の押えプレートを引き込みワークをクランプ。
メリット
押えプレートはダルマ穴となっており、ワーク交換時間を短縮。
対象ワーク
スプロケット

端面把握チャック(穴基準仕様)

  • F-48
  • F-48 (2)
特徴
ワーク穴2箇所で芯出し&フェースクランプによりワークを把握。
オプションでビビリ止め追加可能。
メリット
端面押えによりワーク変形を抑えつつ把握。径方向への変形がNGとなる薄肉ワークに最適。
対象ワーク
ハウジング

端面外径把握チャック

  • OF-22 (2)
  • OF-22
特徴
外径コレットによる芯出し&フェースクランプによりワークを把握。
メリット
コレット基準で芯出しを行い、さらに端面方向をクランプしワークの変形を抑えつつ加工負荷に対応。
対象ワーク
リングギヤ
トップへ戻る