精密チャック装置・超高圧油圧機器のことなら理研精機にお任せください。

製品情報 products

特殊チャック

外径把握チャック

静止型外径チャック-1

  • DSC_0131
  • DSC_0132
特徴
コレット静止型のストッパー付チャック。着座検知、エアブロー内蔵。
メリット
ワークを引き込まない為、薄肉ワークを変形させずにクランプ可能。
対象ワーク
コアメタル(熱間プレス材)

静止型外径チャック-2

  • DSC_0135
  • DSC_0134
特徴
外径把握寸法に対してチャック全長を短くした構造。
メリット
機械スピンドル端面からの突出し量を最小限に抑えられる。また、コレットパット(子爪)が端面取付の為、段替えが容易に出来る。
対象ワーク
コーンディスク

引型外径チャック(センター仕様)

  • DSC_0115
  • DSC_0114
特徴
ワークを引き込み外径を把握。
ワークの突出しが長い為、機械側のセンターを併用してワークを把握。
メリット
引き込み仕様の為、長手寸法管理を高精度に行える。突出しの長いワークでも、機械側のセンターを使用し、高精度・重切削に対応。
対象ワーク
ギヤ

引型外径チャック

  • 3084
  • 3084 (2)
特徴
歯車研削用として、センター型ストッパーとコレットの2点でワークをクランプ。
メリット
突き出しの長いワークの加工負荷にも耐えられる。
対象ワーク
インプットギヤ(ギヤ付シャフト)

シリンダー内蔵外径ワイドチャック

  • 782
  • 782 (2)
特徴
チャック内にシリンダ内蔵。
メリット
1台のチャックで7mmレンジ巾のワークを高精度にクランプ。
機械側に圧力ポート不要。
対象ワーク
ドリル、エンドミル

内径把握チャック

位相決め付内径チャック

  • 2698
  • 2698 (2)
特徴
ギヤの内歯部分を内径把握。
ワーク位相決め機能付き。
メリット
コレット摺割り部からストッパーを出すことで把握長さが短いワークに対応可能。
対象ワーク
カムギヤシャフト

静止型内径チャック

  • DSC_0130
  • DSC_0131
特徴
ドローバー(中心軸)を引き、コレット定位置の静止型仕様。着座確認、主軸内クーラントの2回路仕様。
メリット
静止型仕様により、軟弱ワーク把握時の歪みを抑制。
対象ワーク
ミッション部品

引型内径両割スプラインコレットチャック

  • 2732
  • 2732 (2)
  • 2732 (3)
特徴
ワーク引き込み構造。
メリット
引き込み構造により高精度に把握。
コレット両割構造により、長尺ワークのスプライン大径部を高精度に把握。
対象ワーク
フランジ アウトプットシャフト

位相決め付内径チャック(セルフカット仕様)

  • DSC_0125
  • DSC_0127
特徴
位相決め機能付き。
コレット把握部をセルフカット仕様。
メリット
機上にてセルフカットすることにより、ワークに合わせた細かな調整が可能。
対象ワーク
トランスファーシャフト

異形ワーク把握静止型内径チャック

  • DSC_0125
  • DSC_0126
  • DSC_0124
特徴
アンバランスな異形ワークを把握。
メリット
把握状態での精密なバランシングと、ビビリ止め機構により、高速回転時に於いても安定した把握が可能。
対象ワーク
ソケット(ボールジョイント)

端面把握チャック

端面内径把握チャック

IF-18
特徴
内径コレットによる芯出し&フェースクランプによりワークを把握。
メリット
コレット基準で芯出しを行い、さらに端面方向クランプし加工負荷に対応。
対象ワーク
リングギヤ

端面把握チャック

  • DSC_0128
  • DSC_0125
特徴
クランプ用の押えプレートを引き込みワークをクランプ。
メリット
押えプレートはダルマ穴となっており、ワーク交換時間を短縮。
対象ワーク
スプロケット

端面把握チャック(穴基準仕様)

  • F-48
  • F-48 (2)
特徴
ワーク穴2箇所で芯出し&フェースクランプによりワークを把握。
オプションでビビリ止め追加可能。
メリット
端面押えによりワーク変形を抑えつつ把握。径方向への変形がNGとなる薄肉ワークに最適。
対象ワーク
ハウジング

端面外径把握チャック

  • OF-22 (2)
  • OF-22
特徴
外径コレットによる芯出し&フェースクランプによりワークを把握。
メリット
コレット基準で芯出しを行い、さらに端面方向をクランプしワークの変形を抑えつつ加工負荷に対応。
対象ワーク
リングギヤ
トップへ戻る